得する旅、損する旅

当ブログは京都に住む大学生が実体験をもとに『得する旅』と『損する旅』について書くブログです。

オススメしない!『ドイツ/ローテンブルク』

今回紹介する損する場所ドイツ/ローテンブルク

 

 

 

ドイツ旅行を検討中の人、または行った人が一度は耳にする場所。

有名なのは木組みで出来たメルヘンチックな可愛らしいお家ですね。

ローテンブルクの行き方は?損する理由とは?

行ったからこそわかるそんな損する情報を書いていきたいと思います。

 

 

◆ローテンブルクとは?

ローテンブルクはミュンヘンの北西に位置し、ミュンヘンからローカル電車を使って片道4時間程度のところにある小さな街です。ローテンブルクには中世の街並みが残っており、昔のヨーロッパの姿が今もここにあります。またローテンブルクを含むロマンティック街道という中世の街並みの街道もあり、別記事で紹介したノイシュヴァンシュタイン城のある街フュッセンはロマンティック街道の終着駅でもあります。

f:id:kunisfa0717:20170609141607j:plain

 ↑ローテンブルクの街並み

◆行き方は?

多くの方はフランクフルトまたミュンヘンから電車で行くか、ツアーで行くかになると思います。僕自身はミュンヘンから行ったのですが、ミュンヘンからですとバイエルンチケットというバイエルン州限定の青春18切符があり、125ユーロ(3,000)ほどで往復することができるのでミュンヘンからのバイエルンチケットで行くことをオススメします。

最寄駅はRothenburg ob der Tauber駅でRothenburgという名の駅は多いので要注意です!また駅からも歩いて15分程度でいけます。

また前述したようにミュンヘンらの道中にはロマンティック街道の街が多数ありますのでバイエルンチケットを使えば1日で寄り道しながら行くこともできます。

f:id:kunisfa0717:20170609141512j:plain

↑ローカル電車。結構綺麗です。

f:id:kunisfa0717:20170609141515j:plain

 ↑最寄駅

 

◆滞在時間は?

街自体は本当に小さく、簡単にさっと見るだけなら1時間程度。じっくり見たとしても3時間程度あれば十分だと思いますので宿泊せずに日帰りで来ることをオススメします。

f:id:kunisfa0717:20170609141519j:plain

 ↑最寄駅からきて一番近くにある門

 

◆損する理由は?

僕がローテンブルクをオススメしない・損するといった理由は『日本人が多すぎる』ということです。意外にも思えるかもしれませんがこれ結構重要だと思います。

人によると思いますが海外旅行の目的の1つに「日本では味わえないことをしたい」っていう人は多いと思います。観光地なら多少の日本人も仕方ないですし、たしかに日本人の人と会うと安心感はあるのですが、このローテンブルクは多すぎます!笑

僕が行ったときは観光客は中国人よりも日本人が圧倒的に多かったですし、なにより日本人が経営している店がめちゃくちゃ多いです。

実際僕もお店の人に「日本人の方ですか?ぜひうちにいらしてください」という海外で日本人に客引きされました…。笑

もう1つ挙げると、「本当にやることがない!笑

ローテンブルクは木組みのメルヘンさの街なので当たり前ですがめっちゃ女の子向けな街です。女の子同士やカップルでの旅行には自撮りや写真撮影で盛り上がるかもしれませんが、それぐらいしかやることないですし、それなら他の観光地行ったほうがいいんじゃない?というのが率直な意見です。笑(disっているわけではないです。笑)

ましてや片道4時間って結構しんどいですからね…。

f:id:kunisfa0717:20170609141547j:plain

f:id:kunisfa0717:20170609141542j:plain

f:id:kunisfa0717:20170609141552j:plain

 ↑どこを撮っても絵にはなるんですけどそれだけなんです

 

◆強いていうならここはオススメ

強いて言うならばですが「プレーンライン」と「城壁巡り」です。

プレーンラインはローテンブルクで超有名な場所です。せっかく時間をかけてきたのならば鉄板の場所で写真を撮っておくのは欠かせません。ただ行ってみるとわかりますが本当にパッとしないような感じで、こじんまりとしてます。

もう1つは城壁巡りで、これは意外と楽しいです!

階段の段差が激しかったりところどころ道が狭かったりとしますが当時の様子を直で触れることができ、また街並みに飽きてきたところでの気分転換にもなります。1周しても1時間強ぐらいですので行った際はぜひぐるっと一周してみてください。

ただし、地元の不良?のゴミなどがちらほらあるので人気の少ない時間などは避けたほうが良いかもしれません。

f:id:kunisfa0717:20170609141527j:plain

↑プレーンライン

f:id:kunisfa0717:20170609141603j:plain

 

 ↑城壁の一部

↓ランキングに参加しています。良かったらクリックお願いします!


にほんブログ村